ロウソク

宗教によって異なる葬儀の方法|プロの葬儀社へ相談する

このエントリーをはてなブックマークに追加

宗教的な儀式

ご霊前

その意味と種類

葬儀とは人が亡くなった時にその死を弔うための儀式です。また、葬儀は宗教的な行為であり、故人の為のみならず残された家族などが死を受け止めるための儀式でもあります。お葬式にも色々な種類があり、遺族や親族に知人も集まる一般葬や遺族や身内だけで行う家族葬や密葬、簡略化された一日葬や直葬、故人の趣味などにちなんだ自由葬や故人が信仰していた宗教がある場合にはその宗教に則った宗教葬などがあります。日本の葬儀の9割以上が仏式で行われており、大多数の方が病院で亡くなられます。一般的な葬儀の流れとは病院や自宅で最後の時を迎えた後には葬儀の打ち合わせや納棺を行い、お通夜・お葬式・告別式、火葬、還骨法要などを行います。

区民が儀式で使えるもの

世田谷区で葬儀を執り行う場合には世田谷区が発行する区民葬儀券を使うことが出来ます。これを利用することで世田谷区民は協定料金で葬儀を行えます。死亡届を出す際に世田谷区の生活福祉担当課や各総合支所戸籍係で区民葬儀券を貰って、葬祭店に提出して利用します。この葬儀券で利用出来るものは祭壇料金、霊柩車料金、火葬料金、遺骨容器代のみで、これ以外の費用は含まれないので注意して下さい。料金は祭壇料金が91000円〜295800円(祭壇や棺による)、霊柩車料金14160円〜(距離による)、火葬料金は大人53100円・6歳以下の子供は29000円、遺骨容器代は大人用が9800円か10800円・子供は2300円となっています。