ロウソク

宗教によって異なる葬儀の方法|プロの葬儀社へ相談する

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸住宅の場合には早急に

作業員

いつから始めれば良いか

家族や親類など身内が亡くなった際には遺品整理が必要ですが、経験のある方は多くありません。誰でも人生に数回するかしないかのことです。経験が少ない中、遺品整理をどのように進めたら良いのか、業者に頼むのか、自分たちで全て行うのか悩みます。慌ただしく葬儀を終わらせ、さて、片付けを行おうと腰を上げても、何を遺したら良いのか、何を処分するのかが判断できなくなります。実際に遺品整理になかなか手が出せず、片付けが終わるまでに数年かかったというご家族もいます。特に東京など都市部では賃貸住宅にお住まいの方も多く、可能な限り迅速に遺品整理をして不動産屋に早く明け渡す必要があります。賃貸住宅は明け渡して解約しない限り、賃料がかかりますから、早急に片付けをすれば不要な家賃も減らせます。賃貸住宅の場合には一日でも早く遺品整理して明け渡せるように専門の業者に頼むのも手です。

四十九日を目安にします

四十九日の法要では、個人を偲ぶだけではなく、遺品整理を行う節目としての役割もあります。四十九日は三月に渡ってはいけないという仏教の教えの通り、故人が成仏される頃には、現世での遺品整理も開始すると良いです。長引かせるより早めに終わらせ、気持ちを切り替えるのも遺された家族にとって大切です。しかし、東京など都市部で故人が賃貸住宅に暮らしていた場合には、なるべく早く片付ける必要があります。賃貸住宅の明け渡しに迫られ、早急な対応が必要となり四十九日まで待っていられない場合もあります。東京で一人暮らしをしていたからといって荷物が少ないとは限りません。地方にご家族がお住いで故人が東京住まいだった場合など、ご家族だけで片付けるのが非常に困難を極めるケースもあります。このような場合、業者に一手に依頼すれば、それぞれの負担を軽減できます。